ホーム » 血液の健康

血液の健康」カテゴリーアーカイブ

ダイエットをするなら運動不足はダメ。カロリー制限ではなくカロリー消費で代謝を上げよう。

薄着になる時期は、ダイエットをしようと思い立つ人も多いでしょう。しかし運動不足の人は太りやすかったり、カロリー制限によるダイエットをしても効果が出にくかったりします。それは普段運動不足で筋肉量が減っており、筋肉量が減ると基礎代謝が低下するからです。

基礎代謝が低下すると疲れやすくなるので、ますます運動をする気をなくして運動不足になり、まさに負の連鎖状態となります。同じダイエットでも、カロリー摂取の制限をするより、まずはカロリーを消費する方がお勧めです。

自分一人で自宅で運動するのは意志が強くないとついついさぼりがちになるので、出来たら入会費や年会費を払って先に投資をし、自分を追い込んで強制的にジムに通って運動するのも1つの方法です。海外ドラマを観ていると、ハイクラスの人達が仕事帰りにジムへ通ったり、ホテルに泊まる場合もジムのあるホテルを選んだりして、ジムで運動するのが習慣になっているのを見かけます。

日本でも最近24時間営業のフィットネスクラブやジムが増えており、仕事帰りの運動が習慣化しつつあります。習慣と言えば、日本人は海外の人と比べてお風呂に入る習慣が根付いていますが、入浴もシャワーを浴びるだけでなく浴槽に浸かると体温も上がりやすくなり、基礎代謝を上げることにも繋がるのでお勧めです。

ダイエットをしようと思い立ったら、食事制限やカロリー制限ではなく、まずは運動不足を解消して、基礎代謝を上げることを目指した方がよいでしょう。

 

健康に良い青汁のランキング

皆さんは「青汁」と聞いて、どのようなイメージを持つでしょうか。私は、「健康に良いとは聞くけども苦そうだし、続けられるのかな」と思っていました。今回はこの「青汁」について紹介したいと思います。まず、購入の動機として、毎日たくさんの量の野菜を摂るのは難しそう・外食の機会が多くて食生活のバランスが崩れているかも、というものが多いそうです。

現在は様々なメーカーから有機培養原料を使用したものが発売されており、必要なビタミンなどの栄養素を多く含んでいるため、一度にたくさんの野菜を摂りたい人におすすめできると思います。しかし、私のように苦味が気になる人もいるかもしれませんが、今では子供でも毎日続けることができる味のものの他にも、錠剤タイプで苦味が気にならないものまであります。

これを毎日続けることができると、血液診断の血液検査が大幅に改善されたとの報告もあります。現在は様々なメーカーから発売されていて、どれを選んだらいいか分からないという人もいると思うためランキング形式で紹介します。

第1位の「サントリー」は和菓子にあうような、まるで抹茶のような味わいでありながら飲みやすく、一杯あたりの価格も安くお財布にも安いと評判です。第2位の「えがお」はケールが入っていながらも、苦味を我慢することなく子供でも飲みやすいと評判です。第3位の「お茶村」はモンド・セレクションを受賞したことがある、抹茶のような味わいが特徴です。

この青汁に青魚でも加えれば食生活はかなり改善されるでしょう。青魚を食べるのが面倒という人はオメガ3サプリのおすすめ比較から優秀なサプリが出ています。サプリメントで補うのもいいでしょう。